075-325-5515
ken@school-health.co.jp
お問い合わせ
HOME > 研修会・学会のお知らせ > (神奈川県) ~「生きる力」を引き出す!スペインのプログラム~予防/若者プログラム <ネット依存から大麻使用まで>
研修会・学会のお知らせ

(神奈川県) ~「生きる力」を引き出す!スペインのプログラム~予防/若者プログラム <ネット依存から大麻使用まで>

2019/01/26

日時

2019年1月26日(土) 時間:10:00~17:00

場所

慶応義塾大学日吉キャンパス・来往舎 大会議室

演者

  • ペドロ・ペドゥレロ・ラネロ氏
    (プロジェクト・オンブレ・ハエン支部代表、プロジェクト・オンブレ協会研修部代表)
  • フアン・ラモン・サントス氏
    (プロジェクト・オンブレ・アストゥリアス支部テクニカルディレクター)
  • 田渕賀裕 氏(児童精神科医、関東医療少年院 法務技官)
  • 芳山隆一 氏(㈱アスク・ヒューマン・ケア企画室長)

内容

スペイン最大のアディクション(依存)支援機関「プロジェクト・オンブレ」による予防・若者プログラムに関する来日講演です。プロジェクト・オンブレ(人プロジェクト)では、年間8万人の子どもたちとその親に向けて、セルフエスティームやライフスキルなどの健康教育を含んだ包括的な予防と思春期プログラム、予防実施者の養成を行なっています。専門家との協働により、エビデンスのある予防にプロジェクト・オンブレの長年の経験を加味したプログラムになっていること、予防教育者を養成する「地域予防」を行っていることが特徴です。年齢や状況に合わせた効果的な予防とは? 実際に問題を抱えた若者をどう支援したらいいのか? ネット依存から大麻使用まで。その多様なプログラムの実際をお届けしつつ、日本の児童精神科医、ゲーム会社経験者による情報提供も行ない、時代に合わせた効果的な予防について考えていきます。予防を体系的に学ぶまたとない機会ですので、ぜひふるってご参加ください。

※プロジェクト・オンブレとは?

1984年に首都マドリードで設立された非営利組織。現在では27支部で、年間のべ1万8000年のアディクション問題を持つ人とその家族を支援しています。本部であるプロジェクト・オンブレ協会は、国連NGOとして国内外と連携しています。

参加費

4,000円(インターネット早割3,000円)

定員

90名

申込

※お申し込み・詳細は下記ウェブサイトもしくはメールからお願いいたします。
来日講演ウェブサイト:https://ph-precomision.wixsite.com/hombre
e-mai:ph-pre.comision@jcom.zaq.ne.jp

主催

プロジェクト・オンブレ・ジャパン設立準備委員会

後援

ATA-NET、龍谷大学犯罪学研究センター、慶應義塾大学教養センター、スペイン大使館(Embajaqda de España)、Instituto Cervantes東京、神奈川新聞社
*申請中 神奈川県教育委員会

  • アンケート
  • 送り先・姓名変更
  • 掲載記事検索
  • 研修会・学会のお知らせ
  • 原稿募集
  • 読者からのお便り