075-325-5515
ken@school-health.co.jp
お問い合わせ
HOME > 研修会・学会のお知らせ > (福島県) 日本健康相談活動学会 第15回夏季セミナー【開催要項第1報】
研修会・学会のお知らせ

(福島県) 日本健康相談活動学会 第15回夏季セミナー【開催要項第1報】

2019/08/17 ~ 2019/08/18

日時

2019年8月17日(土)12:25~17:00
18日(日) 9:35~15:00

場所

福島県 いわき産業創造館LATOV(ラトブ)6階
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 LATOV6階

テーマ

健康相談・健康相談活動のスキルアップ

内容

《1日目》
講義1:健康相談・健康相談活動のプロセス及び方法に関する理論(A領域Ⅱ:1ポイント)
養護教諭が行う健康相談・健康相談活動を円滑に進めるためには、①心身の健康問題の発見のための心と体のヘルスアセスメント(心身の健康観察)・情報の収集 ②問題の背景分析・判断 ③養護教諭の職務の特質や保健室の機能を最大限に活かした解決のための支援 ④関係者の専門性を活かした連携 ⑤対応の評価など基本的なプロセスを理解する必要あります。本講義はこれらを踏まえたプロセスの基本的理解を確かにし、2日目の演習につなぎます。(講師:本学会理事長 ・ 女子栄養大学 名誉教授 三木 とみ子)

講義2:子供たちを取り巻く国の最新動向~現代的心身の健康課題とその解決にむけて~(A領域Ⅲ:1ポイント)
本講義では、子供たちの心身の健康や学校保健関係の最新の国の動向を含め、学校保健関係者が知っておくべき基本的な情報について、特に「健康教育に関する医療界と教育界の連携強化に向けて-国の施策及び連携事例の考察を中心に-」チーム学校において、養護教諭に期待される役割等に焦点を当て学ぶ機会とします。(講師:日本医師会 総合政策研究機構 主任研究員 ・ 前文部科学省健康教育 食育課長 和田 勝行 氏)

講義3:健康相談・健康相談活動に活かす看護学の知識と技術(B領域Ⅳ:1ポイント)
養護教諭がその専門性を発揮し、健康相談・健康相談活動を効果的に展開するためには、科学的根拠に基づいたアセスメントが必須です。
学校で唯一看護学の知識を持つ養護教諭にとって、「看護(学)」は一番身近な(学問)分野です。その看護が、『人』の健康状態をアセスメントし、その結果に基づいて対応するという行為の専門性をいかに獲得し向上させてきたか、その経緯や方法を知ることは、養護教諭にとっても有益です。
本講義では、看護の本質や機能、それらに基づいたアセスメントはどのような経緯で求められ、実際にどのように活用されているかを紹介し、改めて「養護の本質とは何か、多職種に代わりえない養護の独自性や養護教諭が行う健康相談・健康相談活動とは何か」を探究する機会とします。(講師:本学会編集委員長 ・ 女子栄養大学 教授 遠藤 伸子)

《2日目》
演習:健康相談・健康相談活動の実践
~養護教諭の職の特質と保健室の機能を生かしたプロセス及び方法・支援の在り方~ 
演習1:心身の健康観察・情報収集  演習2:問題の背景分析・判断  演習3:解決のための支援
(C領域Ⅰ:2ポイント)      (C領域Ⅱ:1ポイント)   (C領域Ⅲ:1ポイント)
1日目で学んだ養護教諭が行う健康相談・健康相談活動のプロセスの講義を基に、「①心身の健康問題の発見のための心と体のヘルスアセスメント(心身の健康観察)・情報の収集」「②問題の背景分析・判断」「③養護教諭の職務の特質や保健室の機能を最大限に活かした解決のための支援」について、関係者の専門性を活かした連携や対応の評価等にも触れながら演習を通して学び、教育職員としての養護教諭がその専門性を活かした実践的教育技術の力量形成を培う機会とします。(講師:本学会理事長 ・ 女子栄養大学名誉教授 三木とみ子、第Ⅵ期研修運営委員、他)

昼食時:子ども健康相談士について (子ども健康相談士資格認定委員会委員長 大沼 久美子)

本学会認定資格「子ども健康相談士」について、資格の趣旨や申請条件・申請方法について説明いたします。

対象

両日ともに、学会員・会員外を問わず参加できます。(*1日のみの参加も可能です。)

参加費

事前申込 7/20まで

2日間(会員・会員外) 6,000円
1日目のみ(8/17) 3,000円
2日目のみ(8/18) 3,000円
学生(院生のぞく) 2,000円
フラパーティー(懇親会・軽食)(8/17) 1,500円
お弁当代(8/18) 1.000円(事前申込のみ)
資料集のみ(郵送料込) 1,000円

当日申込

2日間(会員・会員外) 7,000円
1日目のみ(8/17) 3,500円
2日目のみ(8/18) 3,500円
学生(院生のぞく) 2,000円
フラパーティー(懇親会・軽食)(8/17) 1,500円
資料集のみ(郵送料込) 1,000円

費等を指定の口座へ振り込んでください。

申込

下記アドレスから必要事項を記入の上、申し込んでください。Web申込後、参加費等を指定の口座へ振り込んでください。
【第15回夏季セミナー参加申込先】*ウェブ(Web)申込のみといたします。
 https://goo.gl/forms/dXAOOhviNA5NwJOT2

■第15回夏季セミナー参加申込内容と方法
*以下の内容をhttps://goo.gl/forms/dXAOOhviNA5NwJOT2の画面から入力してください
入力内容は次のとおりです。
氏名(ふりがな)
所属先名称
会員種別:学会員・会員外・学生(院生を除く)
連絡先電話番号(日中連絡のとれる番号をお願いします)
連絡先郵便番号・住所(県から表記):自宅または勤務先
連絡用メールアドレス(添付ファイルを受信できるメールアドレスをお願いします)
参加日程および参加費:両日・〈8/17〉のみ・〈8/18〉のみ
1日目〈8/17〉フラパーティー(懇親会)参加の有無、
2日目〈8/18〉弁当注文の有無
参加費入金合計金額
入金予定日

【第15回夏季セミナー振込先】*振込手数料はご負担ください。 
《ゆうちょ銀行》  記号 18230  番号 38544011
《他銀行からの振り込》ゆうちょ銀行
【店名】八二八(ハチニハチ) 【店番】828
【預金種目】普通預金 【口座番号】3854401
《口座名義人》 日本健康相談活動学会第15回夏季セミナー 代表者 菊地かず代
*振込書をもちまして領収書に代えさせていただきます。
学会年会費納入口座は、別の口座です。ご注意ください。
事前申込及び振込締め切り   2019年7月20日(土)
※入金の確認後、「申込完了」になります。
※皆様からお預かりした個人情報は、本セミナー以外で利用することはありません。
※資料・修了証の準備のため、事前登録をお願い致します。

【問合せ先】

fukushima2019summer@gmail.com
*メールでの問い合わせをお願いいたします。

宿泊

宿泊等につきましては、各自で早目の手配をお願い致します。

交通案内

JRいわき駅前「LATOV(ラトブ)6階」いわき産業創造館
詳細はホームページをご覧ください。

http://www.iwaki-sansoukan.com/access.html

研修内容の問合せ先

日本健康相談活動学会 研修運営委員会: training@jahca.org

主催

日本健康相談活動学会
【企画】日本健康相談活動学会研修運営委員会
【実行委員長】福島県学校保健会いわき支部養護教諭部会部長 菊地かず代

後援

福島県教育委員会、福島県学校保健会、いわき市教育委員会

 

  • アンケート
  • 送り先・姓名変更
  • 掲載記事検索
  • 研修会・学会のお知らせ
  • 原稿募集
  • 読者からのお便り