075-325-5515
ken@school-health.co.jp
お問い合わせ
HOME > 研修会・学会のお知らせ > (オンライン) 日本健康相談活動学会 第16回夏季セミナー【開催要項】
研修会・学会のお知らせ

(オンライン) 日本健康相談活動学会 第16回夏季セミナー【開催要項】

2021/08/10 ~ 2021/08/11

子供たちの健康課題が多様化・深刻化・複雑化し、かつCOVID-19の終息が見えない今、チームとしての学校の中で、養護教諭がその専門性を発揮して行う健康相談・健康相談活動の実践力向上が求められています。

2021年度、第16回を迎える夏季セミナーは、健康相談活動のプロセス、解決のための支援、関係者との連携をどう進めていくかに焦点を当て、弘前大学を拠点にオンラインで開催します。

1日目の終わりには、参加者との相互交流により「出会い」や「学び」を分かち合う「オンライン交流会」を企画しています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時

2021年8月10日(火)9:00~14:30(交流会16:00まで)・11日(水)9:15~15:30

場所

オンライン開催
(メイン配信会場:青森県 国立大学法人弘前大学)

テーマ

健康相談・健康相談活動の実践力向上 ~養護教諭の専門性を磨く!!~

内容

《1日目》

講義1:「COVID-19 による「学校の新しい生活様式」における健康相談・健康相談活動の進め方」
~緊急アンケート報告及び参考資料について~(A領域Ⅲ:1ポイント)
緊急アンケート、COVID-19から明らかになった様々な課題や対策について共有し、健康相談実施の参考資料から、コロナ禍における養護教諭が行う健康相談・健康相談活動の留意事項について学ぶ機会とします。
(講師:本学会調査担当特命理事 女子栄養大学 教授 大沼 久美子)

講義2:健康相談・健康相談活動に活かす心理学の知識と理解(B領域Ⅱ:1ポイント)
養護教諭が行う健康相談・健康相談活動は、子供たちの身体症状や訴えを受け止め、処置をしながら問題の背景要因を分析・判断し対応を進めていきます。その際、子供の心理やカウンセリングの知識や技法をはじめとした心理学の知識を生かしていくことが重要です。ここでは改めて、心理の専門家であるスクールカウンセラーの役割を確認するとともに、健康相談・健康相談活動に活かす心理学の知識と理解を学ぶ機会とします。 
(講師:弘前大学教育学部 教授 吉中 淳 氏)

講義3:健康相談活動の歴史・定義・法的根拠・基本的な進め方(A領域Ⅰ:1ポイント)
健康相談・健康相談活動の誕生の経緯やその用語の解釈を基盤に、①養護教諭の職務の特質、②保健室の機能を十分に生かす、③児童生徒の訴えに対して常に心的な要因や背景を念頭に置く、④体や心の両面への対応を行う、⑤心身の観察、問題の背景の分析、⑥健康相談・健康相談活動に活かす「養護教諭が行うカウンセリング」を学ぶ機会とします。                  
(講師:本学会理事長 女子栄養大学 名誉教授 三木 とみ子)

《2日目》

講義4:事例検討の基本と進め方を学ぶ(A領域Ⅱ:1ポイント)
保健室に来室する子どもの多くは身体症状を訴えてきます。身体症状を的確に判断した上で心身の健康問題への対応を進める健康相談活動は重要です。今回は、健康相談活動を効果的に進めるために「事例検討会の基本と進め方」の理論を学びます。
(講師:本学会研修運営委員、埼玉県教育局県立学校部保健体育課 健康教育・学校安全担当指導主事 澤村 文香)

演習1・2・3:事例検討の基本と進め方を学ぶ *演習は3つ通しで参加した場合、以下のポイントを認定する

(C領域Ⅲ:1ポイント)( C領域Ⅳ:1ポイント)(C領域Ⅴ:1ポイント)

事例検討の目的は、「対応方針を立てる」「子供たちの問題解決の支援」「事例から学ぶ」ことがあげられます。本演習では、模擬事例を基に事例検討の進め方を模擬体験します。これを通して、学校や地域における事例検討会に活用が可能となる実践的な力量形成を培う機会とします。Zoomのブレイクアウトセッションを利用してアクティブに交流しながら学びを深めます。
(講師:三木とみ子、第Ⅶ期・第Ⅵ期研修運営委員、演習サポーター(子ども健康相談士上級取得者))

昼食時:子ども健康相談士について・第18回学術集会のご案内 

*本学会認定資格「子ども健康相談士」について、資格の趣旨や申請条件・申請方法について説明いたします。
(子ども健康相談士資格認定委員会) 
*日本健康相談活動学会第18回学術集会についてご案内します。(第18回学術集会実行委員会)

【研修内容の問合せ先】 

日本健康相談活動学会 研修運営委員会:training@jahca.org

参加費

会員:3,000円 会員外:4,000円 学生(院生除く):2,000円
*参加費には夏季セミナー資料集・修了証代及び郵送料、見逃し配信代(講義1~4)が含まれています。
*参加日数に関わらず、一律の料金になります。

対象

両日ともに、会員・会員外を問わず参加できます。(1日のみの参加可能)

定員

250人

申込

第16回夏季セミナー参加申込方法と参加費の振込先
(1)参加申込みは、下記URLにアクセスし必要事項を入力の上、「確認画面へ」→「送信」をクリックします。
【参加申込先】*ウェブ(Web)申込のみといたします。
https://hirosaki-u.crayonsite.com
〇入力必要事項
氏名(ふりがな)
メールアドレス(添付ファイルが送れるもの)
所属先名称
資料送付先(〒番号 県名から住所を入力)
連絡先電話番号(日中に連絡がとれる番号、市外局番から入力、携帯可)
参加日程
会員種別:学会員・会員外・学生(院生を除く)
入金予定日
*皆様からお預かりした個人情報は、本セミナー以外に使用することはありません。
(2)Web申込後、参加費を下記の口座にお振込みください。参加費入金確認後、受付確定になります。
【参加費の振込先】
*振込手数料はご負担ください。ご利用明細票等をもちまして領収書に代えさせていただきます。
《ゆうちょ銀行から》 記号 18460  番号 26814401
《他銀行から》     ゆうちょ銀行 【店名】八四八   【店番】848 
【預金種目】普通預金   【口座番号】2681440
《口座名義人》 日本健康相談活動学会第16回夏季セミナー 代表者 小林央美
学会年会費納入口座とは別口座です。参加費以外は振込しないようご注意ください。
*一度お振込みいただいた参加費は、いかなる理由でも払い戻しは致しませんのでご了承ください。

第16回夏季セミナー参加方法 

(1)参加登録内容及び参加費入金を確認し受付確定をした方には、「夏季セミナーzoomミーテイングの招待(URL・ID・パスコード)」を、ご登録いただいたアドレスにメールにてお送りします。(8月上旬)
(2)夏季セミナー開始前に、ご指定いただいた住所に夏季セミナー資料集を郵送にてお送りします。
事前申込・振込期間 2021年5月15日(土)~7月7日(水)まで

【セミナー申込・参加費振込に関するお問い合せアドレス】

実行委員アドレス hirosaki2021summer@gmail.com

その他

事前の接続確認の実施について
当日、皆さまにWeb研修にスムーズに接続していただくために、事前に接続確認ができる時間帯を設定します。
日時は、申込みされた方にお知らせします。接続確認を希望される場合は、送られたURLにアクセスし、接続をお試しください。設定の日時にセミナー実行委員がWeb上でお待ちしています。

主催

日本健康相談活動学会

企画

日本健康相談活動学会研修運営委員会

実行委員長

弘前大学大学院教育学研究科 小林央美

共催

国立大学法人弘前大学教育学部

後援

青森県教育委員会、弘前市教育委員会、青森県養護教員会
弘前養護教員会、弘前大学養護教諭養成課程同窓会あらぐさ会

  • アンケート
  • 送り先・姓名変更
  • 掲載記事検索
  • 研修会・学会のお知らせ
  • 原稿募集
  • 読者からのお便り