HOME > 研修会・学会のお知らせ > (東京都)「学校と医療のよりよい連携のための対応指針」を活用した摂食障害ゲートキーパー研修会
研修会・学会のお知らせ

(東京都)「学校と医療のよりよい連携のための対応指針」を活用した摂食障害ゲートキーパー研修会

2024/09/08

日時

2024年9月8日(日)13:20~15:20
*第27回日本摂食障害学会学術集会(2024年9月7・8日)内で開催されます。

場所

明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区白金台1-2-37)

内容

司会 磯部 昌憲(京都大学医学部精神医学教室)
1.摂食症(摂食障害)の概要 大谷 良子
(独協医科大学埼玉医療センター こどものこころ診療センター) 
2.対応指針の解説  高宮 静男(たかみやこころのクリニック)
3.対応指針の適応解説 小学校版(回避制限性摂取症)私立学校養護教諭 
4.対応指針の適応解説 中学校版(神経性やせ症)公立学校養護教諭
5.質疑応答

摂食障害は身体的な症状のみならず、精神的にも様々な症状を呈し、学校生活や社会生活にも大きな影響を及ぼす疾患です。近年、若年での発症やコロナ禍での増加もみられ、学校生活の中での早期発見、早期対応の重要度も高く、適切な支援が求められています。研修会では、対応指針を活用した養護教諭・学校関係者の対応について、基礎から実践までを解説いたします。

参加費

2,000円(学術集会参加の場合は無料)

申込

*詳細は、第27回日本摂食障害学会学術集会ホームページよりご案内いたします。
*学術集会内では、教育講演「摂食症(摂食障害)における学校と医療の連携(発達の問題も含めて)」講師:高宮静男 9月8日(日)10:10~11:10 も開催されます。ぜひご参加ください。

 

      
  • 読者交流ページ
  • アンケート
  • 送り先・姓名変更
  • 掲載記事検索
  • 研修会・学会のお知らせ
  • 原稿募集
  • 動画
  •